インド・ネパール料理 Jun

クラフトビールと普通のビールの違いは?

お問い合わせはこちら

クラフトビールと普通のビールの違いは?

クラフトビールと普通のビールの違いは?

2022/09/08

最近はクラフトビールを見かける機会が多くなってきましたね。
そこで今回はクラフトビールと普通のビールの違いについて解説していきたいと思います。

クラフトビールとは

クラフトビールとは小規模な醸造所で作られるビールのこと。
全国地ビール醸造者協議会(JBA)では次のように定義されています。

・大手ビールメーカーから独立している
・1回の仕込み量が20キロリットル以下
・醸造者が直接ビールづくりをしている
・伝統的な製法、または地域の特産品などを原料にしている

クラフトビールを「地ビール」と呼ぶこともありますよ。

普通のビールとの違いは?

普通のビールは大規模に生産しているのが特徴です。
地域の特色を出すよりも、誰にでも受けいられるような飲みやすいビールが多いです。

一般的には、大手メーカーのビールは端麗辛口で雑味のない味わいの「ラガービール」が主流です。
一方、クラフトビールは濃い味で苦みがあり、フルーティな香りの「エールビール」が主流です。
どっちが美味しいかは好みによるので、普通のビールしか飲んだことがない人は、ぜひクラフトビールも飲んでみてくださいね。

まとめ

クラフトビールとは、小規模な醸造所で作られるビールのことを言います。
地域の特産品を原料にするなど、普通のビールよりも個性がある印象です。

また普通のビールは「ラガー」、クラフトビールは「エール」が多いですよ。
大阪市阿倍野区昭和町にある「インド・ネパール料理 Jun」は、本場のカレーが楽しめるお店です。
日本ではなかなかお目にかかれないジビエ(鹿肉)カレーなど珍しいメニューもありますので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。